診療時間
0566-41-7159
診療時間・アクセスはこちら

HOME >  > 犬の予防接種

2020年11月
« 1月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

犬の予防接種

犬の健康のために

近年では、フィラリア予防薬やワクチン接種が普及しているため、死亡率が高い病気の発生は少なくなっていますが、その反面、寿命が延びたことや食生活や住宅事情の変化もあり、アレルギー、生活習慣病、ガンなどの病気が増えています。
また、人と同じように、咳や鼻水、発熱といった症状がみられる風邪と似た症状の「犬ジステンパー感染症」や「ケンネルコフ(伝染性気管支炎、犬パラインフルエンザ感染症)」があります。

犬の健康のために

犬のワクチンと時期について

犬のワクチンで代表的なものと言えば、狂犬病のワクチンです。狂犬病のワクチン接種は法令で義務づけられており、市町村に飼犬の届け出をして登録すると毎年通知がきます。基本的には、通知で案内された集合場所で接種しますが、動物病院で受けることもできますので、お近くの飼い主さんは是非お越しください。
また、狂犬病とは別に様々な伝染病を予防できる混合ワクチンがあります。法令では義務づけられてはいませんが、愛犬を伝染病から守るために定期的なワクチン接種をおすすめします。当院では、5種及び8種混合のワクチン接種を実施させていただいております。
予防の対象となる病気(感染症)とそのワクチンをご紹介します。

対象となる感染症 ワクチンの種類
5種混合 6種混合 7種混合 8種混合 9種混合
犬ジステンパー感染症
犬パラインフルエンザ感染症
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス感染症
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウィスル感染症
犬レプトスピラ感染症 ※1 ※2 ※3

※1 5種混合ワクチン+レプトスピラ2種
※2 6種混合ワクチン+レプトスピラ2種 or 5種混合ワクチン+レプトスピラ3種
※3 6種混合ワクチン+レプトスピラ3種

※ワクチン接種は、有効的に疾患を予防するものです。
ワクチンを接種しても感染・発症を防ぐことができない場合もあります。

2013年7月18日
topへ