診療時間
0566-41-7159
診療時間・アクセスはこちら

HOME >  > 病気の予防

2020年11月
« 1月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

病気の予防

大切な家族のために

ペットは“家族”の一員で、少しでも長い時間を共に暮らしたいという願いが当然です。そのために病気になってから、病気が進行してから治療を行うのではなく、病気にならない為の予防を行いましょう。

犬の予防接種 猫の予防接種

フィラリアの予防 ノミ・ダニの予防 お口の予防

フィラリアの予防

フィラリアとは、蚊によって媒介される寄生虫で、心臓や肺動脈に寄生しています。
その大きさは、なんと約15cm~30cmもある寄生虫です。
フィラリア症の恐ろしいところは、一度体内に寄生してしまうと安全に駆除することが困難な状態になってしまします。理由は、血管内に寄生するため、死滅した寄生虫が自然に体内から出る場所がないからです。フィラリア症は、寄生しているフィラリアの数、寄生している期間、年齢や体力により症状が大きく異なります。
血管だけでなく、心臓や肺、肝臓や腎臓などの臓器にも悪影響を与え、治療しても元に戻らないケースも多く、放置してしまうと、死に至る恐ろしい病気です。
近年は猫での危険性も高いとも言われており、犬同様予防をおすすめしております。

フィラリア

予防の注意点

投薬開始の前に必ず検査が必要です。
前年度の予防が不完全でフィラリアに感染している場合、予防薬によって副作用を起こす可能性があります。
初診の方は、前年度の予防薬もお知らせください。
※昨年の夏を越していない仔犬は検査不要です。
(体重は測定する必要があります)

当院では、飲み薬とスポットオンタイプを使用しています。

フィラリアの予防薬として、注射や飲み薬など数種類ありますが、当院では、錠剤などの飲み薬タイプと、薬剤を直接皮膚へ落とし、皮膚から吸収させるスポットオンタイプの予防薬を主に使用しています。

これらの予防薬を5月頃から12月頃まで毎月1回、飲ませることによって、もしフィラリアが感染していても、心臓に到達する前の幼虫の段階で駆虫することによって予防します。
ですから、フィラリアの予防薬は1ヶ月間効果が持続しているといった誤った認識をされる飼い主さんがいらっしゃいますが、フィラリアの予防薬はただの駆虫薬であり、飲ませた直後しか効果はありません。
また、成長して血管、または心臓内に入ってしまった成虫に対しても駆虫はできません。

ノミ・ダニの予防

継続して予防することが大切
ペットにノミ・ダニが寄生してしまうと、痒みを伴う皮膚の症状が発生します。また、貧血を起こす可能性や、その他の病原体を運び別の感染症の原因になることもあります。
いろんな病気を予防するためにも、定期的にノミやダニの予防行ってください。1年中活動しているため、年中予防するのが理想です。
当院では、様々なタイプの予防薬を扱っております。環境や状態によりペットに合わせた薬をご提案しますのでお気軽にご相談ください。

ノミ

お口の予防

健康な歯をいつまでも守ってあげたい
犬も猫も、丈夫で健康な歯を保ち、お口の中はいつも清潔にしてあげたいものです。動物たちは、人間のように歯磨きをすることは難しいので、お口の中は非常に汚れがたまりやすいのが状態です。一度トラブルを起こしてしまうと、きれいな状態に戻すには時間もかかり、飼い主さんも大変ですから、定期的なお口の予防をお勧めしています。
また、当院では歯みがきペーストや歯ブラシ、ガムなどケアグッズを取り扱っております。

お口の予防

2013年7月18日
topへ