診療時間
0566-41-7159
診療時間・アクセスはこちら

HOME >  > 去勢避妊手術

2020年11月
« 1月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

去勢避妊手術


女の子の場合だと子宮や卵巣の病気、乳腺腫瘍、男の子の場合だと前立腺肥大や肛門周囲腺腫などの病気にかかる可能性があります。去勢手術・避妊手術は、それらの将来起こりうる可能性のある生殖器系の病気の予防を行うことができます。また、発情期のイライラの軽減、マーキング、攻撃性などの問題行動も少なくなります。
子どもを作る予定がなければ、ペットの将来的な健康のためにお考えください。


女の子の場合だと、初めての発情前(生理前)に手術を行うと、乳腺腫瘍を高い確率で予防できます。

出産を経験してしまうと、周期的にくる発情期にペットが苦しむ場合があるため、早めの手術をオススメしています。

注意点

・麻酔のリスク

全身麻酔が必要になります。動物は、麻酔に対してアレルギーを持っている場合がるため注意が必要です。

・肥満

手術後は基礎代謝率が減少しカロリーの消費が減ります。運動量も減り体重が増加するため、食事規則を正しく整え、避妊・去勢した犬猫専用のペットフードなどで防ぐことができます。

去勢・避妊のメリットとデメリット

メリット

・ 肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアの病気の発生率が下がる。
・ 前立腺肥大,精巣腫瘍の発生を防げる。
・ 陰睾の場合精巣腫瘍の確立が10倍だが未然に防げる。
・ 放浪やマーキング、発情期の雌に対する過剰な反応などが無くなる。
・ 攻撃性が緩和される可能性がある。

デメリット

・ 身体的、精神的ストレスを感じるケースがある。
・ 肥満になりやすい。

メリット

・ 乳腺腫瘍の発生が初回発情前の避妊手術であればほぼ防げる。
・ 子宮蓄膿症や卵巣疾患にならない。
・ 望まれない子の出産が行われなくて済む。
・ 発情が無くなり発情期に陰部から出血しない。

デメリット

・ 身体的、精神的ストレスを感じるケースがある。
・ 肥満になりやすい。

2013年7月18日
topへ